2009年09月14日

【職場の教養】「伸びしろ」

【職場の教養】より  伸びしろ

脚本家の小山薫堂氏は、「人間のやる気の源は、
 未熟な自分がこれからどれだけ伸びていけるか
という“伸びしろ”にある」
と言います。

小山氏の多彩な業績に対し、人から「運がいい」と言われるそうですが、
もちろん他人には見えない努力あっての結果です。
周囲にアンテナを張り、まずは小さなチャンスを自分に引き寄せる意識を持つことから始めているといいます。

私たちは「自分はもう限界だ」「時代に取り残された」と感じた瞬間、
伸ばすべき点が明確になったと前向きに考えるべきでしょう。

「限界を超えよう」「時代に追いつこう」という努力の方向性が明らかになるのは、
わかりやすい道行きができたと捉えるべきです。

自分の「伸びしろ」は、他人が決めるものではありません。
本人の努力に比例してその幅が柔軟に変化するものなのです。

それには自分の可能性を信じることが何より不可欠です。
そして自分の周囲に鋭敏なアンテナを張り、
チャンスを自分に引き寄せる姿勢を保っていきましょう。


   ◆自分を信じて努力を重ねましょう







家族に感謝される相続68のポイント
日本相続コンサルティング協会認定資格
右斜め上埼玉NO1相続コンサルタントを目指して邁進中!!パンチ
相続ブログランキングに参加中はじめました。
是非、応援してくださいませ〜
1日1回 幸せクリックをお願いします。

----------------------------------------------------
【相続についてのお問い合せはこちら】
一般社団法人埼玉県相続コンサルティングセンター
048−871−6237
無料相談受付中です
----------------------------------------------------

【自己研鑽(スピーチ・資格・ポジティブ思考)の最新記事】
posted by sss1-saitama at 10:26 | 埼玉 🌁 | 自己研鑽(スピーチ・資格・ポジティブ思考) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。