2010年01月01日

毛利豪のプロフィール

毛利 豪(もうりごう)
一般社団法人 埼玉県相続コンサルティングセンター 代表理事兼
株式会社 オーナーサポートコンサルティング 代表
一般社団法人 日本相続サポート協会 会長


◆実績
1000件以上の相続相談をこなす。
節税コンサルティング累計額 3億5000万円(2010年末)

◆資格等
宅地建物取引主任者、CPM(米国公認不動産経営管理士)、
NPO法人(非営利団体)相続アドバイザー協議会上級アドバイザー、ファイナンシャルプランナー(AFP)、賃貸不動産経営管理士、調理師、住宅ローンアドバイザー、セカンドライフアドバイザー、底地借地アドバイザー


<飲食店時代にコミュニケーション、交渉術を学ぶ>
某飲食店で10年間、店舗のマネジメントに携わる。新店舗の立ち上げを多く行い、人材教育、従業員を巧み使い、販売コンテスト1位、売り上げ全店1位、店長サービスコンテスト優勝などを獲得。


<相続ビジネスに携わる>
その後、全くの異業種である不動産業へ転身。わずか3か月で新規事業、相続ビジネスの担当者に抜擢される。その後、入社1年目に宅地建物主任者、2年目に相続上級アドバイザー、米国公認不動産経営管理士(CPM)、FP資格などを取得する。同時に経営大学院にも通い、経営能力を高めている。


<賃貸フェアで講演 立ち見がでる>
セミナー講演も多数行っており、2011年開催の賃貸住宅大宮フェアでは「相続の真実」の講演を行い、立ち見がでる程となる。2012年には「信頼される相続コンサルタントになる本(仮称)」の出版も決まっており、若手の革命児として名高い。士業と一線を引いたコンサルティングを意識しており、顧客視点に立った独自の理論展開には定評がある。


<士業と競争するのではなく、士業と協業する>
士業と競争するのではなく、そのプロ達と連携して顧客満足の実現をすると熱く語る。また「お客様に、はっきりと大事なことは伝える」を信念にしている。例えば、建築で言えば、1億円近い買い物をするには、きちんと内容を理解する必要がある。そのためには、勉強する義務があると言う。「賢く学んだ人が賢く生き残る時代」という理論を展開している。これからは増税の時代、借入をせざる負えない時代がきたと語る。かつては建築などにも反対の路線であったが、「過去の常識はやがて陳腐化する」byドラッカーの教えを参考に、失敗しない相続税対策などを啓蒙している。基本は、不動産を絡めた相続相談が得意なため、相続税などの心配したお客様の相談を中心に受けている。しかし、最近では身近で相談できる相続コンサルタントとして多くの相談を受けている。
顧客のそばにいる事が一番正しいことが出来て、ブレないコンサルタントになれる。出来る限り今後も、当社に来られたお客様の初回面談は自ら対応すると語っている。



家族に感謝される相続68のポイント
日本相続コンサルティング協会認定資格
右斜め上埼玉NO1相続コンサルタントを目指して邁進中!!パンチ
相続ブログランキングに参加中はじめました。
是非、応援してくださいませ〜
1日1回 幸せクリックをお願いします。

----------------------------------------------------
【相続についてのお問い合せはこちら】
一般社団法人埼玉県相続コンサルティングセンター
048−871−6237
無料相談受付中です
----------------------------------------------------

【プロフィールの最新記事】
posted by sss1-saitama at 00:00 | 埼玉 ☔ | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。